K.G.ヨット部マネージャーRoom ">ブログパーツUL5

K.G.ヨット部マネージャーRoom

関学ヨット部マネージャー&プレーヤーが日々の練習やその日あった出来事をたっぷりとお伝えしたいと思います!!
ぜひご覧ください!
<< November 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

11月18日(日) 質の高い練習!

こんばんは!

新幹部となりましたスナイプクルーの山口嵩史です。


幹部として初のブログになりますので、勝手ながらチームについて書かせて頂きます。



今月の初めに行われた全日本インカレでは、我々は力及ばず惨敗しました。


しかし、技術などは決して他大学に遅れを取るようなものではありませんでした。

ではなぜ負けたのか、勝つために不足していたことはなにか、それを追求し、その答えに沿ってチームの意識を改革することが必要だと考えました。


とはいえ、その答えはそう簡単に見つかるようなものではありません。

そこで重要なのがミーティングだと思います。


その為に、新幹部一同は既に何回もミーティングを重ねてきました。

また、下級生からの意見も大切にしていきたいと思っております。


いま我々が何をすべきか、何が出来るかを追求することから始めていきたいと思います。



次のインカレは西宮開催です。重要だと理解しつつも部員全員が充分な知識を持っているとは言い難かった気象について、OBの方にも協力してもらい、学んでいきたいと思います。


その為、新たに気象情報チームを作り、僕がそのリーダーを務めさせて頂く事になりました。

知識を得て、その情報を如何にチームに伝えるかなど考えることはまだまだ多いため、チームのために頑張ります。




さて本日は、スナイプ・470共に基本動作、マークラウンディングなど基礎的な練習を中心に行いました。


基本練習は1回生から全員が目標を持って取り組めたのではないかと思います。




個人的な目標は、しばらくスキッパーをさせてもらっていたため、そのブランクで鈍った身体の動かし方などの勘を取り戻すことでした。

午前中より午後のほうがしっかり身体を動かすことができ、成果はありましたが、完璧にはほど遠いためまだまだ精進していきます。



新チームが始まってからはとても活気があり、良い雰囲気で練習を行えていると思います。

ただ、重要なのは継続と進歩なので現状に満足せず、全員で意識高く活動していきたいです。




最後になりましたが、お忙しい中来て下さった川瀬監督、宮川コーチ、誉田コーチありがとうございました。


また、宮川コーチから差し入れを頂きました!

ありがとうございました!





それでは失礼します。

- | - | -

11月17日(土) 軽風から強風!

こんばんは!

1回生スナイプクルーの松井万里子です。



本日は午前中、風がなかったため陸でシュミレーションをした後、海上で動作練習を中心に行いました。

シュミレーションの動きを海上でもできるように意識しました。



午後は風があがり、ラウンディング、レース練習を中心に行いました。

ラウンディングでは各艇で意識すべきことを話し合い、1回生が多く乗っていたこともあり、動作の上達、回航手順の確認を行いました。


レース練習では、西宮インカレを意識してスタートが決められるようにしました。



本日は午前中ほとんど風が無かったのですが、午後になるとどんどん風があがっていき久しぶりの強風の練習となり、スナイプはフルハイクをし、体力の必要性を痛感しました。


冬は動作練習が中心となるので、船のことを考えた動作ができるように頑張っていきます。




最後になりましたが、お忙しい中来てくださった宮川コーチ、誉田コーチありがとうございました。


それでは失礼します。

- | - | -

レース告知:関西学生ヨット新人選手権

いつもお世話になっております。


レース告知をさせて頂きます。


11月24日(土)、25日(日)に新西宮ヨットハーバーに於いて、関西学生ヨット新人選手権が行われます。



インカレ後初めてのレースで新チームを勢いづけるために、必ず前を走ります!


次のインカレは西宮で開催されるので、今からインカレへの意識を高く持って西宮のレースに臨んでいきたいです。



また、今回は今までヨットに乗る機会が少なかった下級生もたくさん出場します。

この1年で学んできた事を発揮して頑張って欲しいです!



関西学生ヨット新人選手権の配艇は以下の通りです。


【470級】

上野(新4回生)/志呂威(新2回生).曽我部(新2回生)
藤原(新2回生)/伊東(新3回生)
瀧川(新3回生)/室谷(新3回生)
池淵(新3回生)/木下(新4回生)
森重(新2回生)/大野(新4回生)
藤本氏/仲倉(新2回生)
有岡氏/見出(新2回生)/中岡(新2回生)


【スナイプ級】

石川ま(新4回生)/森本雄(新3回生)

石川わ(新2回生)/森本優(新2回生)

安部(新3回生)/尾関(新2回生)

伊藤(新3回生)/尾井(新4回生)

中島(新4回生)/竹澤(新2回生)

山本氏/山口(新4回生)

大平氏/房野(新2回生).松井(新2回生)



ご声援よろしくお願い致します。



- | - | -

11月11日(日) 幹部交代式!

投稿遅くなり申し訳ありません。


1回生470クルーの志呂威合勇です。



本日は艇庫にて幹部交代式が行われました。


可愛がってもらった4回生の先輩方が引退されたんだなと改めて実感し、寂しい気持ちになりました。


旧チームは、雰囲気が明るく元気なチームでした。

新チームはこの活気をさらに伸ばし、さらに明るいチームを作っていきたいと思います。




今回のインカレでは入賞することができず、部員全員が悔しい気持ちを持っていると思うので、新チームでは反省もしっかり活かしていきます。




幹部交代後初の海上練習では、各々が課題を持って真剣に取り組めていたと思います。


特に1回生は久しぶりの練習であり、意欲的に練習に参加できていたと思います。

まだ僕は動作が全くできず先輩方の練習について行くことで精一杯ですが、平日もシュミレーションなどをたくさんして、一歩でも先輩方に近づけるよう頑張ります。



秋新まで時間が限られていますが、動作の精度を上げて、関学の艇がトップを走っている姿をお見せできるように精一杯頑張って行きます!



今後とも応援のほどよろしくお願いします!


最後になりましたが、お忙しい中来てくださった勇会長、渋川副会長、金野総務、山崎関東支部長、濱口氏、川瀬監督、岡ヘッドコーチ、宮川コーチ、祝嶺氏、誉田コーチ、後藤氏、奥村氏ありがとうございました。


また、祝嶺氏から差し入れを頂きました!

ありがとうございました!



それでは失礼します

- | - | -

旧主務あいさつ

旧主務兼旧女子リーダーの本田有咲です。


多くの先輩方を送り出してきましたが、とうとう私も、現役引退です。



最後の全日本インカレは私の中では最悪でした。

私は最後だからといって全てを綺麗事にして終わりたくない、現実から逃げてはいけないと思うので、ここで胸の内を明かさせていただきます。


実力が出し切れずに負けてしまったわけではないのは、戦った自分たちが1番わかることです。

監督、コーチ、OB OGさんも親御さんも多く来ていただいていたのにも関わらず、そんな中でこんなレースになってしまったのは完全に自分たちの実力不足と、勝気の不足が原因です。


私は正直、悔いしか残っていません。

ほぼ全艇がインカレで勝負にならず、自分たちの甘さが目に見える結果となりました。主務として、女子リーダーとして、4回生として、チームの雰囲気を変えられなかったのは私の力不足です。


今年の女子インでは、女子という小さなコミュニティで変革をもたらし、みんなの意識を変えることができ、その結果、総合優勝、470クラス優勝を果たすことができました。

同じような変化をチーム全体にもたらすことができたら、もっともっと悔いの残らない結果になったのではないかと思います。


今回の結果は結果として目をそらすことなく、次は後輩たちが今年の悔しさを忘れずに、来年見違えた姿で西宮インカレで戦ってくれることをOGとして、応援しています。



私は、最後のインカレで屈辱も経験しましたが、最後の女子インで最高の思い出も作ることができました。今の関学の女子チームが『日本一の女子チーム』であることを胸を張って言うことができます。

女子インの地・蒲郡で、1番周りが見えているチーム、勝つべきチームが勝ったと思っています。 

どのチームよりも、チームとしてのまとまりがあり、勝ちたいという気持ちがあったチームです。


ただ、実力として最強チームだったかと聞かれるとそうではなく、実力だけでいうと他大学に劣っていたと思います。

私たちが女子インで心がけたのはいつも通りの私たちでいることです。

女子チームはみんながチャレンジャーであったこと、関学チームの一員としてみんなが勝ちにこだわってくれたことが総合優勝につながりました。


女子インに向けて、約2ヶ月前から始めた女子ノートはみんなが周りの変化に気づくことができるようになったり、個人個人の意識を向上させることができて、女子チームの結束を密かに高めることができた㊙ノートでした。


初めて優勝して、頂点から見る景色というのは最高のものでした。1年生の時の松浦さん、関さんの優勝を見てから私の中で目標にしていたこともあり、4年間の目標を達成することができ、よかったです!


ここで小ネタになりますが、最終レーストップフォーンを鳴らし、嬉しさを爆発させている私を冷たい目で見て、小泉は恥ずかしいからやめてと制止しました。

はじめての優勝で実感が全く無かったかららしいのですが、優勝した喜び爆発中の私と小泉の温度差は笑えました。



そんな小泉ですが、4年間一緒に切磋琢磨してきた仲間です。

たまに冷たい時もありますが、私は大好きです。

4年間楽しい時も苦しい時もずっと一緒でした。

インカレも最後まで一緒に戦えてよかったです。

一緒に戦ってくれてマイペースな女子リーダーについてきてくれてありがとう。


光森!光森は何考えてるか分かりにくいけど、案外すごいことを考えていたりと、頼りになる存在でした。インカレ最終日まで1レースも出ていなかった私を出させてくれてありがとう。4年間ありがとう。


大平は、筋肉脳と、監督から言われるほどのストイックさを尊敬してました。

ヨット部を明るく楽しくしてくれてありがとう。


山本は、根が優しいからなんでも助けてくれる優男です。

主将と主務で言い合いになることもあったけど、1年間1番責任ある役職お疲れ様!チームをまとめてくれて、ありがとう。


5人しかいないので、一人一人が重要な同期でした。

みんなと1番長く部活をしてきて、たくさんのいい思い出があります。みんなありがとう。



そして、この5人を1番近くで見てくださっていた川瀬監督。

私達はあまりにも頼りない5人だったと思います。

代交代してから色んなトラブルに見舞われて、呆れられた時もあったと思います。

それでもどうにか最後まで、サポートしていただいたことで、たくさんのことが学べ、色んな面で成長できました。

本当にありがとうございました。


コーチの皆さん、最後の最後まで愛のあるご指導ありがとうございました。

インカレ2日目、私がやるせない気持ちになっている時、コーチ陣の皆さんのサポートのおかげで、私のやるべきことが見えました。

もっともっと、結果で恩返しできたらよかったと思っています。

4年間大変お世話になりました。ありがとうございました。



OBOGの皆様、

今年度もたくさんのご指導と応援に来ていただきまして、ありがとうございました。

また、次はOBOGの一員として、皆様と一緒に現役のサポート頑張ります!



最後に、私の両親へ。

まだ恥ずかしさもあり、面と向かってありがとうが言えてません。

ですが、4年間関学でヨットを続けられたのは間違いなく両親のおかげです。

私が愚痴をこぼした時も、アドバイスをくれたり、時には適当に受け流してくれたり、でもやっぱり最後は私が決めたらいいと言ってくれるそんな親だったからこそやってこれました。

母親は直前までレスキューに乗っていたのに、船酔いのため、私たちの女子インのトップフィニッシュを見ることなく、車で爆睡していたりとちょっと惜しいところはありますが、母親にはたくさんサポートしてもらいました。

私の父親は、どんなに遠くても私の為なら富山から応援に駆けつけてくれました。

終いには、富山のクルマを貸してという私のワガママにもつきあってもらい、本当に色んなところで助けてもらいました。

2人ともありがとう。



みんな、次こそは総合優勝!

4年間ありがとうございました!


それでは失礼します。

- | - | -

11月10日(土) ミーティング!

投稿遅れて申し訳ありません。


こんばんは!

1回生470クルーの曽我部謙です。


本日は、3回生を中心とした新チームである最初のミーティングを行いました。

その後4回生が参加し、今年度最後の締めを行いました。



今年度最初のミーティングでは、チームを日本一にするためにはどうするべきかや、去年の反省をしました。


新体制としてはじめてのミーティングであり緊張感はあったのですが、その緊張感の中、各学年からたくさんの意見が出てこれからの部活の指針となるようなミーティングになったと思います。



その後に、4回生の先輩方と今年度最後の締めを行いました。

5人の先輩方、4年間お疲れ様でした。

また、1年弱の間本当にお世話になりました。


幹部さん5人と自分が過ごした日々を振り返ると、ヨットに限らずとても多くの事を学ばせていただきました。

先輩方から教わった事を糧にこれからも精進していきます。

また、西宮ヨットハーバーでお会いできるのを楽しみにしています。


最後になりましたが、お忙しい中来てくださった宮川コーチありがとうございました。



また、柴田家から電子レンジをいただきました!

ありがとうございます!




それでは失礼します。

- | - | -

旧主将あいさつ

こんばんは。

主将の山本です。

投稿が遅れ申し訳ありません。



先日全日本インカレが終了し、470級11位、スナイプ級8位、総合7位という結果で自分達4回生は引退となりました。


応援して下さった保護者の皆様、OBOGの皆様ありがとうございました。


上手く言葉に出来るか分かりませんが、自分の大学ヨット部生活を振り返りたいと思います。




自分は同期の大平で始まり大平で終わり、思い返したら楽しい4年間でした。


初めてスキッパーで出た春新で大平と一緒に乗り8位を取ったのはいい思い出です。

そして色々と配艇が変わって大平と乗ることは少なくなっていましたが、最後のインカレでは大平と一緒に乗る事が出来て、とても楽しくヨットに乗せて貰いました。


スナイプの同期は大平しかいませんでしたが、とても心強い同期で、とても信頼していました。

色んなことがあっても支えてくれた大平には本当に感謝しています。



2回生からは、レギュラーとして出させて頂きましたが、そのインカレでは、自分の経験した事のない風が吹いてチームにあまり貢献出来ず、悔しい思いをしました。

インカレでのイレギュラーな風はとてもいい経験になりました。



3回生の思い出は、後藤氏の最後のインカレで前を走り、チームに貢献出来たことです。

しかし、総合優勝は取る事が出来ませんでした。

最終レース前はクラス優勝の光が見えていたのですが、最後甘さが出てしまって前を走る事が出来ませんでした。

その悔しさをバネにしてこれから頑張ろうと決意しました。



幹部となり、主将という立場を任され、まず思った事は自分に務まるのかという不安でした。

自分はその不安を消すことが出来ず、その事がチームに浸透してしまい上手くチーム運営をすることができませんでした。

チームマネジメントの難しさを思い知らされました。


なにか新しい事をやろうとしたら下から不満が出る時もあり、それを無くすためにどうしたらいいのか考えているうちに時間が過ぎていってしまいました。




自分達の代は、初めからいい順位を取る事が出来ず、そのままずるずると関西インカレまで来てしまった気がします。


自分としては、全日本個人戦に出場することが出来ず、その時はもうヨットを辞めたいと思っていました。

しかし、全日本個人戦に出場した安部や石川が全国で走ってくれていると聞いて、自分がやってきた事は間違ってはいなかったとわかり、その2人のおかげもあってインカレまで頑張ってこれました。

自分はたくさんの人の支えがあったからこそ頑張ってこれたのだと思います。



嬉しかったことは、やはり女子インカレ総合優勝です。

本田と小泉を中心として、去年の悔しさをバネに努力してきた事は本当に素晴らしかったと思います。


最終レースが終わり帰着した時、本田と小泉は笑顔で帰ってきたのですが、他の女子メンバーは自分の成績に対して悔し涙を流していたことに衝撃を受けました。

自分はこれを見て、来年も総合優勝を取れるチームになると確信したのと同時に、本田は女子メンバーをしっかりとまとめ、強いチームを作っていたんだという事が分かりました。

来年は、石川を中心として2連覇して欲しいと思います。




今回のインカレはやはり悔いの残るものとなってしまいました。

安部の艇を責めるつもりはないですが、一発目のスタートから安部の艇がブラックを引いてしまったことで、自分のモチベーションがかなり下がってしまいました。

しかしそれは、自分のせいでもあると思っています。

英語がついてしまうことへの厳しさをチームにしっかりと伝えきれなかったことに原因があると思うからです。



インカレ前は、スタートを攻めなければ勝てないと思っていましたが、練習をしていく中で、スタートを攻めて失敗する事がリスクだと考えが変わってしまいました。

その考えの変化が自分の弱さを表していると思います。



インカレの最終レースでスナイプチームはスタートを攻めた結果、着順が2.4.10という最高のレースになりました。

この景色は一生忘れる事はないと思います。

この景色を見た時は嬉しさと、最初からこのレースをしていればという悔しさで頭の中はいっぱいでした。




関東では、インカレのようなレースが練習でも多く行われていること、関西では、関学の参加艇全てがスタートのピンを狙っていくことが大事だということ、

全国に行けば甘めなスタートをしてしまうと勝てないという事を後輩に伝えたいです。



このインカレで経験した事を忘れずに、来年の西宮インカレに向けて頑張って欲しいと思います。


地元開催で有利な点も多くあるとは思いますが、スタートを決めなければ全国では勝てない事を忘れないでいて欲しいと思います。


そして、次期主将を中心として、悲願の総合優勝を西宮の地で果たして欲しいです。

そのために自分も全力でサポートして行きます。



また、七種トレーナーに毎月体のメンテナンスや筋力トレーニングを教えてもらい、体に異変が起きていないかのチェックなどをして頂きました。

トレーニングやストレッチで体の変化を実感し、トレーニングが苦手な人も楽しく取り組む事ができました。


インカレの地でも、今まで教えて頂いた事を各自で行い、体のケアをすることで自分の力を発揮しやすくなりました。

本当にありがとうございました。

今後ともヨット部をよろしくお願い致します。



そして、インカレ前に来て下さった山家メンタルトレーナーには今後に繋がる事を教えていただきました。


それを実践し、最悪の事態を予想することによって、冷静に落ち着いて対応出来ることをしり、それをチームで話し合いました。

本当にお忙しい中来てくださりありがとうございました。




最後になりましたが、改めて、毎週のようにハーバーに足を運んで下さった、川瀬監督、コーチ、OBOGの皆様ありがとうございました。


全日本インカレ総合優勝という形で恩返し出来ず、とても悔しいですが、この思いを来年のチームに還元し、来年のチームのためにOBの一員として全力でサポートしていきます。



本当に4年間お世話になりました。

ありがとうございました。


それでは、失礼致します。

- | - | -

11月5日(月)西宮到着!!

こんばんは。

1回生マネージャーの船附です。

初めてのインカレで大変な事も沢山ありましたが、無事終えることができ、そして久しぶりに家に帰りペットと遊ぶことが出来て幸せでした。


さて本日は朝、宿で朝食をとった後に積み込みし、

車、電車に別れて西宮に帰りました。


積み込みでは、新たに3回生の方中心で指示を出し、KGの新しい代の始まりを感じさせるものでした。


先に西宮に到着した1陣が手際よく積み下ろしと片付けを終わらせてくれたお陰で、遠征を気持ちよく締めくくることが出来ました。


車の2陣が渋滞のため西宮に戻るのが遅くなってしまい、最後の締めが行うことが出来ず土曜日に持ち越されました。


このインカレでは多くのOBさんやOGさん、保護者の方々が蒲郡の地に訪れてくださり、支えられていることを実感することが出来ました。

ありがとうございました。


最後になりましたが、西宮に帰る際車に乗せていただいた関西大学の皆さんありがとうございました。


それでは失礼します。




- | - | -

11月4日(日)インカレ最終日

こんばんは!
2回生マネージャーの福田です。

本日は全日本インカレ最終日でした!
4日間で470級 全9レース、SNIPE級 全8レースを消化しました。
まずは結果をお知らせします。

【470級】
1位 日経 310点
2位 日大 398点
3位 早稲田 436点
4位 慶應 498点
5位 明海 602点
6位 九大 650点

11位 KG 832点

【SNIPE級】
1位 早稲田 428点
2位 京大 437点
3位 日大 494点
4位 同志社 501点
5位 立命館 548点
6位 慶應 549点

8位 KG 591点

【総合】
1位 早稲田 864点
2位 日大 892点
3位 慶應 1047点
4位 同志社 1227点
5位 九大 1238点
6位 明海 1394点

7位 KG 1423点





風に恵まれない一日もありましたが、
十分なレース数をこなすことができました。
スナイプは最終レースで見事なスタートを切り、
2位、4位、10位とトップ集団の中で3艇ともKGの意地を見せました。
以前からOB・コーチ陣よりKGは守りに入る姿勢があるとご指摘いただくことがありましたが、
最後の最後で攻めにいくことができました。
目指していたところには届かない結果となりましたが、
この悔しさをバネに来年はKGのホームポートである西宮で優勝旗を勝ち取ります!!!

今日で4回生は引退となりましたが、
今まで私達を引っ張ってくれたことと
最後まで諦めない大切さを教えてくれたことに感謝して、
代交代までの残り僅かな時間を笑顔で過ごします!



最後になりましたが、この遠征期間中、宿としてだけでなく様々なサポートをしてくださったホテルAZ蒲郡の皆様、三谷温泉 ホテル三河 海陽閣の皆様、ありがとうございました。

また、お忙しい中お越しいただいた長井氏、小堀氏、勇OB会長、渋川OB副会長、森田OB副会長、山崎関東支部長、村瀬氏、川瀬監督、岡ヘッドコーチ、宮川コーチ、小栗コーチ、笠井大樹・美帆コーチ、俣江コーチ、西尾コーチ、舟木コーチ、三好氏、佐野氏、庄野氏、野坂氏、誉田コーチ、山本氏、関氏、川村氏、有岡コーチ、後藤氏、川勝氏、奥村氏、山本家、光森家、本田家、大平家、木下家、石川ま家、中島家ありがとうございました。





最後になりましたが、庄野氏、光森家、石川ま家から差し入れを頂きました!
ありがとうございます。
みんなで美味しく頂きます!

それでは失礼します。
- | - | -

【全日本インカレ】最終日終了

470 2レース、SNIPE1レースを消化し
4日間の全日本インカレが終了致しました。

ご支援ご声援ありがとうございました!
- | - | -